2011年2月20日日曜日

第十四部 ・・・ハタチノボク編

前回に続き学生から就職活動のお話。

第十四部 ・・・ハタチノボク編

WAOに通い始めて、僕のクラスは10人ちょいだったかな?
僕が大学3年で一番若く、他に学生は一個上の一人だけ。
あとは社会人で働きながら土曜日は授業って感じ。
((φ(・д・。)ホォホォ

Mayaの授業は週一回で土曜日の10時から5時までだったかな。
最初の3ヶ月はMayaBasic(基本操作、Nurbsモデリング、シェーディング、ライティング、レンダリング)を学び、その成果を静止画で提出。

次の3ヶ月でMayaAdvance(Polygonモデリング、キャラクターセットアップ、アニメーション、エフェクト、ダイナミクス)など盛りだくさんで、ものすごいスピードで授業が進められていました。
高速メモ!((( *゚д゚)φ))*゚д゚)φ))*゚д゚)φ))*゚д゚)φ))シュタタタタタ!!


得意の暗記もあり順調に6ヵ月後のムービー課題を製作。
修了後の6ヶ月コース、1年コースの合同ムービー発表会には企業の方もいて作品に対しての評価もいただきました。
ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ
ちなみにおいらのムービーはトリだったかな?wフヒヒッww

ほとんどの人がこのムービーで就職活動をするんだけど、おいらはまだ学生なのでお預け。
その後プロダクション数社がおいらの作品に興味を持っていただけたのでかなり大収穫!!
しかもその作品が評価されて学生のうちはWAOでTAとしてバイトすることに!!
CGも出来てお金ももらえるなんてなんてラッキーーw
ヤタ━━━━━━ヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ ━━━━━━!!!

このとき自分は背景モデラーとしていくんだと決めてました。
なぜならモデリングが好きだったし、素人目にスターウォーズで一番人手がいりそうだったからw
┗(∀`*)┫レッツゴー!!

時期的に企業の新卒採用の募集があり、新卒自体が学生特権というもあって周りの雰囲気もあるし試しに受けてみることに。
なぜ試しかと言うと、そもそもがスクウェア目標だし、他のプロダクションも興味もってくれてるし、なにより一番嫌だったのが新卒で就職した場合の新人研修3ヶ月っていうのが気に食わなかったのですw
その3ヶ月があれば少しでも作業してILMに近づきたかったんですね~w
φ(ー` )メモメモ・・・ボキッ!!☆_/o(□`;)!!

とりあえず新卒募集のある都内のゲーム企業は二つあって一つはS●G●、もう一つはT●CM●。
先にTE●●Oに作品提出。その後面接があり・・・(覚えている範囲でこんな感じだった)

一時面接はデザイナーによるグループ面接

面接官:(▼_▼)『わが社の好きなゲームは何ですか?』
学生1:(; ゚Д゚)『NINJA外伝です!』
学生2:(; ゚Д゚)『モンスターファームです!』
おいら:( ´・ω・)『マイティーボンジャックですw』
面接官:(▼_▼)『古っwww』

面接官:(▼_▼)『5年後の自分を想像したら、わが社で何してますか?』
学生1:(; ゚Д゚)『自分はプランナーなので何か新しいゲームの・・・ごにょごにょ』
学生2:(; ゚Д゚)『ログラマーとしてシステム構築の・・・ごにょごにょ』
おいら:( ´・ω・) 『辞めていて、スクウェアでFFのムービーを作ってると思います』
面接官:(▼_▼)『ふ~ん、FF作ってた人って業界に結構いるんだけど、やっぱりFFが良いの?』
おいら:( ´・ω・) 『FFが目標じゃなくて、ハリウッドに行くためにステップです』
面接官:(▼_▼)『ほぉw』

面接官:(▼_▼)『何か質問は?』
おいら:( ´・ω・) 『内定をもらった場合、3ヶ月の新人研修やらないといけないですか?』
面接官:(▼_▼)『そうだね、やっぱり仕事を振るのに本人が何が出来るのか見極めないといけないからね』
おいら:( ´・ω・) 『では何が出来るかわかっていればすぐに仕事させてもらえるんですか?』
面接官:(▼_▼)『わかっていても、学生は他の事も出来る可能性、才能があるかもしれないから色々やってもらうかな。』
おいら:( `皿´) 『・・・(ちっw)。』


二次面接はディレクターによるグループ面接
ある程度のことは一次面接で聞いてるるみたいで、二次面接はちょっと変わった内容だった・・・

面接官:(▼_▼)『「サイコロを振って1を出したいんだけど?」って子供に聞かれたら分かりやすくどう説明する?』
学生1:(; ゚Д゚)『・・・う~ん』
学生2:(; ゚Д゚)『確立6分の1だから・・・ごにょごにょ』
おいら:( ´・ω・)『良い子にしてると1が出るよ。』
面接官:(▼_▼)『・・・確かに分かりやすけどねw』

面接官:(▼_▼)『じゃあマンホールの蓋ってどうして丸いと思う?』
おいら:( ´・ω・)『穴を開けたら丸かったからじゃないですか?』
面接官:(▼_▼)『・・・確かにw』


最終面接は人事部長と社長と個人面接。
最終面接の服装は何でもいいというので、ハーフパンツとサンダル姿というなんとも失礼な服装・・・。
それも面接後にバイトに行くからと訳の分からない理由でw(´人`)ごめんなパィ
バイト>最終面接かよwww

社長が一次面接と二次面接の書類を眺めている時に、なんとしても新人研修を逃れたいおいらがとった行動は・・・

おいら:( ´・ω・) 『面接の前にいいですか?CGで教会を作ってきたんですけど(っと静止画を見せる)、僕はこういった背景モデルをやりたいんです。』
社長:(▼_▼)『今こういうものを出されてもしょうがないから!これくらいの物はうちの社員はみんな作れるよ!これを見せられたところで評価は変わらない。一次二次と面接官は君を評価している。面接官がみな個性があるとマルをつけているし、うちが新卒社員に求めているのは技術云々じゃなくこういうのなんだよ。』
おいら:( ´・ω・) 『あざーっす!!!』

就職氷河期ではありましたがありがたく無事内定をいただきました

第十五部 ・・・チョウシニノッタボク編 につづく m9( #`Д´)ドギャーン

2 件のコメント:

  1. 最初T●CM●だったんですかw

    返信削除
  2. >Ryuさん
    まぁ次回以降をお楽しみにw

    返信削除